2017.05.15更新

虫歯の治療を行うとき、虫歯菌に侵された部分は削り取ります。その進行度によってどれくらい削り取るのかは状況によりますが、いずれにしても削った部分は何かしらの素材で補う事が必要です。

 

一般に言われる「詰め物」や「被せ物」がまさにこの事で、治療後、残った歯を守るために欠かせない治療となります。ただ、この治療を行う場合、単に歯を保護するだけでなく、「どのような素材」を使うかが選択肢として現れます。

 

例えば、馴染み深いものであれば「銀歯」がありますが、こちらは保険が適応されるため経済的な負担が小さくなります。しかし銀歯の場合は、光の当たり具合により口内で目立ちますし、時間の経過とともに金属が溶け出し、黒ずみやアレルギーの原因となります。

 

そこでおすすめ出来る詰め物、被せ物の素材が「セラミック」です。セラミックは天然の歯に見た目が近く、形も自然に作り出せます。歯の色全体を自然にして、口元を美しい状態に保てるほか、セラミックでは「すきっ歯」を隠す事も可能です。

 

変色や摩耗がしづらく、口臭が悪くなりづらいのもセラミックの特徴です。自由診療ではありますが、審美性を求めて使用される方は少なくありません。大阪市北区にある当院では、セラミックによる治療のご相談を承ります。とにかく見た目を大切にしたいとお考えの方はぜひ、当院にお越し頂ければと思います。

投稿者: 西本歯科医院