2017.05.25更新

虫歯の治療を行った時、削った部分は別の素材で補填する必要があります。これは、残った歯を保護しそれからも歯を使うために欠かせない歯科治療です。

この治療に使われる素材にはいくつかの種類がありますが、中でも審美的に優れているものが「セラミック」です。

 経済的な負担を抑えるために、保険診療で治療を受けたい場合は、銀歯やプラスチック製などの選択肢もあります。しかしそれら保険が適応される素材に関しては、光の当たり具合で目立ったり黒ずみなどの劣化が見られます。

 もちろん銀歯の素材も、被せ物や詰め物として十分に機能してくれますが、審美性に関する問題はどうしても残されます。今や、価格よりも見た目を重視し、歯科治療を受けられる方は多く、その一つとして選ばれるものがセラミックです。

 セラミックは見た目が綺麗で経年による変色、汚れの付着が少なく虫歯を起こしづらいものです。もちろんセラミックは金属ではありませんので、長年使用していて金属アレルギーを引き起こす心配もありません。

 もし、費用よりも見た目を重視して治療を受けたいという場合は、セラミックを選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。大阪市北区にある当院では、セラミックに関するご相談を承ります。ご希望される方はぜひお越し頂ければと思います。

投稿者: 西本歯科医院