2022.08.05更新

下の歯の部分矯正はできる?部分矯正の方法を解説

「部分矯正」という歯科矯正の治療法は、歯並びの一部分だけを改善する治療法で、治療期間の短さや費用の安さなどでこの矯正方法を選択される方も少なくありません。
では「下の歯」を部分矯正することは可能なのでしょうか?
そこで今回は、下の歯を部分矯正できるかどうかについて解説します。

 

そもそも「部分矯正」とは?

「部分矯正」とは、歯並びや噛み合わせ全体ではなく問題がある一部分だけを治療するという矯正方法です。
ブラケット(ワイヤー)矯正やマウスピース矯正、インプラントを使用した矯正などさまざまな治療法があります。
全体矯正と比較すると費用が安く抑えられ、治療期間も短めになるケースが多いため、気軽に歯科矯正を利用できる方法として多くの方が利用しています。

 

下の歯だけ部分矯正することは可能?

結論を述べると、「下のはだけを部分矯正する」ことは、症状次第ではありますが十分に可能な範囲のことではあります。
実際に「下の歯だけ_部分矯正」で検索してみると、さまざまな治療事例が掲載されていることがわかります。
ただし、あらゆるケースにおいて下の歯だけを部分矯正できる、部分矯正が最適な選択肢になるというわけではありませんので、担当医としっかり相談したうえで、下の歯だけを部分矯正するのが本当に良いことなのかどうかを検討してください。

 

下の歯だけを部分矯正することのメリット

下の歯だけを部分矯正することには、以下のようなメリットがあります。

 

矯正治療中でも目立たない

下の歯だけの部分矯正は「矯正治療中でもそれが目立たない」というメリットがあります。
一般的に、人の歯は笑っている状態でも上の歯しか見えないことが多いです。
そのため、下の歯を表側矯正(歯の表側・口の外側に治療器具を装着する治療方法)する場合でも、装着している治療器具が目立ちにくいというメリットがあります。
治療中の見た目を気にする方でも、下の歯の部分矯正であれば問題なく治療を続けられるでしょう。

 

費用を安く抑えられる

下の歯だけを部分矯正する場合「全体矯正と比較して治療費を安く抑えられる可能性が高い」というメリットがあります。
全体矯正の場合、症状次第ではありますが一般的に1年以上の治療期間を必要とするケースが多いです。
一方で部分矯正の場合は数か月~1年程度で矯正治療が完了するケースが多くみられます。
必要な器具も少なく、治療期間も短めですむケースの多い部分矯正は、その分だけ治療費も安く抑えられるのです。

 

下の歯だけを部分矯正することのデメリット

下の歯だけを部分矯正することには上記のようなメリットがある一方で、以下のようなデメリットも存在することを理解して治療を開始する必要があります。

 

改善できるのは「見た目」だけ

下の歯だけの部分矯正は「見た目だけしか改善できない」というデメリットがあります。
部分矯正は見た目の問題がある一部分の歯並びだけを改善できます。
一方で、全体的なかみ合わせを改善することはできないため、下の歯の部分矯正では歯並びの見た目だけ改善して、上下のかみ合わせまで同時に改善することはできません。
上下のかみ合わせをしっかりと矯正するためには、全体矯正を利用する必要があります。
そのため、「とにかく下の歯の見た目だけを改善したい」という場合のみ、下の歯の部分矯正は適している治療法であるといえます。

 

適用できない症例も多い

下の歯だけの部分矯正は、「部分矯正を適用できない症例も数多く存在する」というデメリットがあります。
前述のとおり、部分矯正は全体のかみ合わせの改善には適していないため、部分矯正だけではトラブルを改善できない症例も少なくありません。
部分矯正にはメリットもありますが、部分矯正のデメリットがメリットを薄れさせるのであれば、全体矯正などの治療法を選択しなければなりません。

 

下の歯だけ部分矯正できるかどうか?

下の歯だけを部分矯正できるかについては、カウンセリングを受けた歯科医院の担当医としっかりと相談して、最終的に部分矯正で治療を開始するかどうかを決定してください。
部分矯正が適用できるかどうかは、各人の歯並びの状況によって異なり、これを言葉で言い表すことは簡単なことではありません。
そのため、担当医が実際に患者さんの歯並びの状態を確認し、部分矯正が適用できるかどうかを判断するのが一番です。
そのうえで、カウンセリングなどの話し合いの際に部分矯正の是非を話し合い、メリット・デメリットを総合的に判断して部分矯正を開始するかどうかを決定してください。

 

まとめ:下の歯だけの部分矯正は可能、実際の是非については担当医と相談する

下の歯だけを部分矯正することは理論上は可能ですが、部分矯正だけで歯並びの問題をすべて解決できるかどうかはわかりません。
担当医としっかりと相談し、部分矯正で十分に患者さんの歯並びの問題を解消できるかどうかを判断し、治療の方針を決定してください。

投稿者: 西本歯科医院