2022.08.23更新

歯科矯正はさまざまな良くない歯並びの症例を改善できますが、中には「特定の矯正方法を選択できない症例」もあります。
とくに「部分矯正」の場合だと、いくつかの症例においてはこの矯正方法を選択できない可能性があるのです。
そこで今回は、部分矯正できない症例と、その場合の対処法について解説します。

 

部分矯正ができない症例

部分矯正にはさまざまなメリットがあり、それゆえに「部分矯正で治したい」と希望する方も少なくありません。
しかし、部分矯正は全体矯正と比較して「適用できる症例が限られている」という特徴があり、一般的に以下のような症例だと部分矯正では歯並びの問題を解消できない可能性が高いのです。

 

上下のかみ合わせに問題があり、それを治したい場合

もし、歯並びの状態が「上下のかみ合わせに問題がある」という場合で、それを治したい場合であれば部分矯正だけでは歯並びの問題を解消することは難しいでしょう。
通常、歯並びの問題は上下それぞれの歯並びを同時に解消することではじめて解決できる問題です。
そのため、一部分の歯並びの問題だけを解消しただけでは、噛み合わせのトラブルを解決することはできません。
もちろん「見た目だけ治したい」というのであれば、部分矯正だけでも解決できる問題は少なくないでしょう。
しかし「噛み合わせの問題を解決したい」というニーズであれば、部分矯正だけでは解消できない可能性が高いので、担当医から部分矯正を勧められることは少ないはずです。

 

歯を動かすスペースに余裕がない場合

歯科矯正を検討するにあたって「歯を動かすスペースに余裕がない場合」だと、部分矯正では歯並びの問題を解消できない可能性が高いです。
歯科矯正は「歯を動かす」ことが基本となりますが、そのために「歯を動かすための十分なスペースが必要になる」という制約があります。
歯並びを鑑みて、動かしたい歯を動かすのに十分なスペースを確保できないような歯並びの場合だと、そのスペースの確保のために他の歯も動かさなければならなくなり、部分矯正だけでは歯並びの問題を解消できない可能性もあります。

 

歯並びの問題が重度のケースの場合

もし、問題のある歯並びの悪さが重度の問題である場合には、部分矯正だけではその問題を解消できない可能性があります。
前述のとおり、歯を動かすためには相応のスペースの確保が必要であり、歯並びの問題が重度のケースだと部分矯正だけでは十分に歯を動かせないケースもあります。

 

部分矯正だけでは歯並びの問題を解消できない場合の対策

部分矯正だけでは歯並びの問題を十分に解消できないのであれば、以下のような対策を講じることになるでしょう。

 

全体矯正

部分矯正だけでは歯並びの問題を解決できない場合には「全体矯正」を行う必要があるケースも少なくありません。
部分矯正は一部分の歯並びだけを矯正するため、歯並び全体を解消するような治療法にはならないケースが多いです。
そのため、かみ合わせに問題があるような噛み合わせの場合、部分矯正だけではその問題を解決することができず、担当医から全体矯正をおすすめされるケースが多くなります。

 

手術

部分矯正だけでは歯並びの問題を解消できない場合には「手術」を必要とするケースもあります。
歯並びの問題は「顎の骨」が関係しているケースもあり、部分矯正や全体矯正だけでは歯並びの問題を解消できない場合もあります。
その場合はあごの骨に対して何らかのアプローチをしなければならないケースもあるため、部分矯正だけでは歯並びの問題を解消できない場合もあるのです。

 

担当医としっかり相談して治療方針を決めることが重要

部分矯正で歯並びの問題を解消できるかどうかは、担当医の歯科医と入念に相談して決めることをおすすめします。
「部分矯正で問題を解消できるかどうか」については、患者さんの歯並びの状態、要するに症例次第でその是非が異なります。
実際に「部分矯正_症例」でネット検索すると、さまざまな症例を目にすることになります。
しかし、専門家である歯科医師が検診してみないと、部分矯正で治せるかどうか判断することは簡単なことではありません。
逆に言えば、歯科医師に歯並びの状態を見てもらえば、部分矯正でトラブルを解消できるかどうかを判断できるということです。
部分矯正か他の治療法を選択するかを決めるかにおいては、担当医としっかり相談したうえで、納得できる内容で決断することをおすすめします。

 

まとめ:部分矯正の是非は担当医としっかり相談して決めること

歯並びの症例によっては、部分矯正だけでは十分に歯並びの問題を解決できないケースも珍しくありません。
歯並びの問題は身体上の問題だけでなく、見た目から来るコンプレックスの問題もあります。
心身の問題にかかわってきますので、しっかりと歯並びの問題を解決できるように、担当医としっかり相談して、現状の問題をきちんと解決できる治療法を選択することをおすすめします。

投稿者: 西本歯科医院


SEARCH


ARCHIVE


CATEGORY