2020.09.11更新

八重歯を治したい方はいらっしゃいますか?
今回は、八重歯を短期間で簡単に治すことができる、セラミック矯正についてご紹介していきます。

 

八重歯とは

「八重歯」は、上の前から三番目の歯(犬歯)が外に飛び出すように生えていたり、重なり合っていたりする歯並びを表す通俗的な表現です。
歯が重なり合ってがたがたな歯並びを「叢生(そうせい)」といいますが、俗に「乱ぐい歯」「八重歯」とも呼びます。

八重歯の「八重」は、「重なり合う」という意味があり、歯並びがでこぼこしている状態を表しています。また牙のように見えることから、「鬼歯」とも呼ばれることもあります。

 

なぜ八重歯になるの?

顎の骨が小さかったり、歯の大きさと顎の大きさがアンバランスだったりすると、歯が並ぶスペースが足りず叢生になることがあります。特に犬歯は永久歯の中で最も最後に生えてくる歯なので、生えてくる場所がなく前にせり出してしまい、八重歯になることが多いのです。

 

八重歯は可愛い?

日本では、八重歯に「可愛いらしい」といった、プラスのイメージを持つ人も多いですね。実際に、八重歯を売りにするタレントやアイドがいたり、「付け八重歯」を付ける人がいたりします。

しかし、世界的に見るとこのような感覚は珍しいものです。欧米ではドラキュラ・狼男・魔女のイメージがあり忌み嫌われていて、就職や結婚などに不利に働くと言われています。また中国では「虎の歯」と呼ばれ、幸福が逃げる・親や配偶者と離別を早めるなどといった迷信があるそうです。

そのため海外の多くの方々は、早期に矯正治療をします。

 

八重歯のデメリット

・歯が重なり合っているのでブラッシングがしにくく、虫歯や歯周病のリスクが高くなり、口臭を引き起こしやすい
・犬歯の先は尖っているので、八重歯の方は粘膜が傷つきやすく、口内炎になりやすい
・噛み合わせが悪く、食べ物がうまく噛めない
・犬歯が機能せず、他の歯に負担がかかる
・唇がうまく閉じなかったり、口の形がゆがんでしまうことがある
・見た目の問題がある

 

矯正方法の種類


○ワイヤー矯正

もっともよく知られた矯正方法で、矯正といえばワイヤー矯正というイメージをお持ちの方も多いでしょう。
歯に「マルチブラケット」と呼ばれる装置を取り付け、そこにワイヤーを通し引っ張ることで歯を動かす矯正方法です。ほとんどの症例に対応できます。
金属のブラケットや、目立ちにくい白いブラケットなど様々な種類があります。また、歯の裏側から矯正を行う「リンガルブラケット」もあります。

矯正期間は通常1~3年ほどで、治療後の後戻りを防ぐためさらに保定期間が1~3年ほどかかります矯正装置は自分で取り外すことができないため、汚れなどが溜まりやすく、歯磨きが行き届かないと虫歯になりやすいです。

 

○マウスピース矯正

一人ひとりに合わせたオーダーメードのマウスピース(アライナー)を、1週間~1ヶ月ごとに交換しながら装着することによって、少しづつ歯を動かしていく矯正方法です。抜歯が必要な重度の歯列不正などには、対応できないケースもあります。

マウスピースはほぼ透明なので、目立ちにくく人気です。
また、ワイヤー矯正と違ってご自分で取り外しができるため、歯磨きがしやすく虫歯になりにくいのが特徴です。

矯正期間は1~3年ほど、保定期間も1~3年ほどかかります。
通常1日20時間マウスピースを装着する必要があり、装着時間が短いと矯正効果が出ません。

 

○セラミック矯正

歯を削ってセラミックのクラウン(被せものの歯)をかぶせる事によって、歯並びを整える矯正方法です。人工の歯を使って歯茎から上の部分の形を変える事によって、見た目を整えます。
ワイヤー矯正や、マウスピース矯正などと違って、歯を根本から動かすわけではありません。

矯正期間が短いというメリットがありますが、健康な歯を削らないといけないといったデメリットがあります。

  

八重歯のセラミック矯正方法

歯並びのデコボコが軽度の場合は、麻酔をして歯の表面を削りセラミックを被せるだけで簡単に八重歯の治療ができます。虫歯を削って歯にかぶせものをかぶせる補綴治療と、手順はほとんど同じですので安全です。

もともとの歯並びによっては、歯の神経を取る治療や、歯を抜く治療が必要になることがあります。その場合は治療期間が長くなります。

 

○セラミック矯正の流れ

1, カウンセリング・検査・治療計画

まずは口腔状態をチェックし、患者さまの要望(希望の歯並びや形、色など)についてカウンセリングを行います。
その後、レントゲン撮影や口腔写真撮影、歯型取りなどを行い必要な情報を集め、歯科医師が治療計画を立てます。
不明点があれば、この時点でよく歯科医師に確認しておきましょう。

2, 形成・印象採得・仮歯の作成

麻酔をして歯を削り、セラミックをかぶせるための土台を作ります(形成)。セラミックを作成するための歯型を取り(印象採得)、仮歯を作成して接着します。
(抜歯や抜髄が必要な症例では、先に処置を行う必要があります)

3, セラミッククラウンの制作

歯型をもとに、歯科技工所や歯科医院などでセラミッククラウンを作成します。

4, セラミッククラウンの接着

仮歯を外し、完成したセラミッククラウンを接着し、最終調整を行って治療が完了します。

 

セラミック矯正のメリット

○治療期間が短い
○通院回数が少ない
○痛みが少ない
○気になる部分だけを矯正できる
○費用が安い
○同時に白い歯を手に入れることができる
○歯の形や歯の大きさを思い通りにできる
○矯正装置をつけないため、治療中の見た目の心配がない
○後戻りのリスクがない
○虫歯治療も一緒に行うことができる

 

セラミック矯正のデメリット

○歯を削る必要がある
○神経を抜く可能性がある
○抜歯をする可能性がある

 

まとめ

今回は、セラミック矯正による八重歯の治療方法について解説致しました。

矯正治療は健康保険が適用されないため、費用が高額になりますし、治療期間が長くなることが多いです。歯科医院でカウンセリングをしっかりと行い、納得の上で治療方法を選択するようにしましょう。



投稿者: 西本歯科医院

2020.04.10更新

白く綺麗な歯を手に入れることができるホワイトニングは、男女問わず人気を集めています。興味を持っている方は多いのではないでしょうか?

今回は「ホワイトニング」についてや、「マウスピース」の種類や価格、使い方、注意点などについて詳しく解説をしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

ホワイトニングって?

毎日食後にしっかり歯磨きをしていても、完全に歯の汚れを落とすことはできません。飲食している食べ物(コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー、チョコレートなどの色の濃いもの)や、加齢による黄ばみによって少しずつ歯は変色してしまいます。

歯の表面についた汚れ(外因性着色)は、PMTCなどの歯のクリーニングで除去することができますが、歯のエナメル質内部の汚れ(内因性着色)は、薬剤を使い内部から白くしないと除去することができません。この薬剤を使って歯を白くする施術を、ホワイトニングといいます。

ホワイトニングは、歯科医院で専門家が薬剤とライトを使って行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅でマウスピースに薬剤を注入しそれを装着して行う「ホームホワイトニング」、二つを合わせた「デュアルホワイトニング」などがあります。

マウスピースを使ってご自宅で行うホームホワイトニングは、「費用が比較的安価」「自然な白さになれる」「白さを持続する期間が比較的長い」「知覚過敏になりにくい」などのメリットがあります。

 

ホワイトニング用マウスピースって?

ホワイトニング用のマウスピースは、家で行うホームホワイトニングの施術時にのみ使用できるマウスピースのことです。スポーツ用のマウスピース、歯ぎしり防止用マウスピースなどとは違います。

 

歯科医院で作るマウスピースと、市販のマウスピースの比較

ホワイトニング用のマウスピースは、大きく分けて歯科医院で作成するタイプと市販のタイプの二種類があります。

〇歯科医院で作成するマウスピース(15000~40000円)
歯医者さんで作成するマウスピースは、一人ひとりの歯形をとってその歯型を元に作るオーダーメードのものです。そのためホワイトニング薬剤を歯の表面に均等に行き渡らせることができ、効率的にホワイトニングができます。

ただ、ホワイトニングは審美目的のため健康保険が適用されません。そのためマウスピース製作費用は全額自費となり、15000円~40000円ほどかかります。

〇市販で購入するマウスピース(1000~10000円)
市販でも、ホワイトニング用のマウスピースを購入することができます。市販のマウスピースにはいろいろなものがありますが、出来合いの形のマウスピースをお湯に入れて温め柔らかくし、噛んで形を変形させるタイプが多いです。

値段は1000円~と安いものが多いです。しかし、歯列とマウスピースが合っていないためホワイトニングジェルが漏れて痛みが出たり、歯に薬剤がまんべんなく行き渡らないため色ムラができたりして失敗することがあります。

失敗なく安全にホワイトニングを行うことができる、 歯科医院作成のマウスピースがおすすめです。

 

ホワイトニング用のマウスピースの使い方

実際にホワイトニングをする方法について、ご紹介します。

1、歯磨きをする
ホワイトニングの前に歯を磨いて、汚れをしっかり落とします。

2、マウスピースの唇側に、薬剤を塗布する(決められた容量を守る)
決められた容量の薬剤を塗布しましょう。

3、マウスピースを装着する
ホワイトニングジェルを注入したマウスピースを両手に持って、ゆっくりと装着します。薬剤が歯ぐきにはみ出た場合は、ティッシュなどでふき取りましょう。そのままにしておくと、歯ぐきに痛みが出ることがあります。

4、マウスピース装着時間(通常1日1~2時間)が過ぎたら外す
マウスピースを外したら、うがいをして優しく歯磨きをします。

5、使い終わったマウスピースは、水で洗って清潔に保つ
マウスピースは歯ブラシで洗った後、乾燥させ清潔に保ちましょう。薬剤が残ったままマウスピースを放置しないでください。マウスピースは熱に弱いので、お湯で洗わないでください。また、特に夏は直射日光を避け、冷蔵庫など涼しい場所に保管するとよいでしょう。

この工程を毎日繰り返すと、通常二週間ほどでホワイトニングの効果を実感できます。

 

ホワイトニング用のマウスピースの注意点

大切な歯を守るため、ホワイトニングをする際の注意点を守りましょう。

 

〇使用容量や時間、回数を必ず守る
ホワイトニング剤にはいろいろな種類のものが販売されていますが、使用の容量や回数、装着時間がそれぞれ決められていますので、必ず守りましょう。

ホワイトニングの回数や所要時間が少なすぎる場合は、十分な効果が得られずなかなか白さを実感できません。反対に、多すぎた場合は知覚過敏を起こしたり、歯を痛めてしまう可能性があります。

 

〇マウスピースからはみ出た薬剤は取り除く
一度に使用するホワイトニングジェルの量が多かったり、マウスピースがお口に合っていなかったりすると、薬剤が歯ぐきに付着してしまいます。そのままにしておくと歯ぐきを痛めてしまいますので、ティッシュなどで拭き取って取り除きましょう。

歯ぐきが脱色してしまったり、ただれたりといったトラブルもありますので気を付けてください。歯ぐきの痛みなどが続く場合は、一度歯科医師の診察を受けることをおすすめします。

 

〇ホワイトニング後は着色しやすい
ホワイトニングが終わった後は、普段よりも歯に着色しやすい状態になっています。そのため、色の濃いものはなるべく飲食しないようにしましょう。

特に、ポリフェノールを含むものや着色性の高いもの(コーヒー、紅茶、ココア、ウーロン茶、 赤ワイン、カレー、ぶどう、チョコレートなど)や、酸性のもの(柑橘類、酢、炭酸飲料など)は、ホワイトニング後は飲食を避けるようにしましょう。

水、白米、ヨーグルト、バナナなどの着色の心配のない食品は飲食しても問題ありません。

 

〇歯がしみるなど知覚過敏の症状がでることがある
オフィスホワイトニングよりは少ないのですが、マウスピースによるホームホワイトニングでも知覚過敏を起こすことがあります。通常は2~3日で症状が収まりますので、痛みを感じたら一度ホワイトニングをお休みしてみましょう。

それでも痛みが引かない場合は、歯科医師の診察を受けることをおすすめします。

 

 

ホワイトニング治療を受けられないケースとは?

さまざまな理由で、ホワイトニング治療を受けられないことがあります。

 

〇むし歯や歯周病がある方
むし歯があったり歯周病に罹っている状態でホワイトニング治療をすると、強い痛みを感じることがあります。治療完了後にホワイトニングを始めましょう。

 

〇テトラサイクリン系抗生物質の副作用で着色している方
ホワイトニング効果が現れません。

 

〇妊婦の方
妊娠中は、ホワイトニングを控えた方がいいでしょう。

 

〇無カタラーゼ症の方
無カタラーゼ症という病気の方は、薬剤を飲み込んでしまった場合に分解することができません。ホワイトニングを控えてください。

 

〇被せ物(クラウン)はホワイトニングができない
被せ物や詰め物は、ホワイトニングができません。白くしたい場合、歯科医院で新しく白い被せ物を入れなおしてもらう必要があります。

 

まとめ

今回はホワイトニング用のマウスピースの使い方と、注意点について解説していきました。

歯科医院以外でも、さまざまな場所でホワイトニング用マウスピースを購入できるようになってきました。しかし、トラブルが起こるケースも増えています。安全で効果的な施術のために、お口の専門家である歯科医師がいるクリニックでホワイトニングの相談をしてみることをおすすめします。

投稿者: 西本歯科医院

2019.08.22更新

 

短期間で歯並びをきれいにしたい方へ

「セラミック矯正と部分矯正の併用」は、できるだけ早く歯並びを整え、美しい口元を手に入れたい方に最適な治療方法です。

従来のセラミック矯正には、患者の歯の状態によっては、健康な歯を削る場合や抜歯をしなければいけない可能性もあるため、事前の確認がとても大切です。
もし、自分の歯を残しながら歯列矯正を行う場合は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正が必要となり、治療が終わるまでに3年ほどの年月がかかるケースもあります。

近年では、セラミック矯正を行う方が増えつつありますが、健康な歯を削り、差し歯にする可能性から、今後の歯の健康に懸念が残る矯正方法ともいえます。
こうした心配をを解決しつつ、短期間で美しい口元を手に入れたい方におすすめできるのが「セラミック矯正と部分矯正の併用」です。

こちらの矯正方法は、虫歯や前歯のみをセラミックで矯正し、それ以外の歯には部分矯正を施すものです。
このため、従来の方法と異なり、歯全体に大きな負担をかけることはありません。また、セラミック矯正と部分矯正は同時に行うことができ、短期間で美しい歯を手に入れることも実現します。

セラミック矯正の詳細はこちら

 

数多くあるセラミック部分矯正のメリット

近年、矯正治療を希望する方々の傾向をみると、年齢や性別を問わず、自分の歯並びの悪さへのコンプレックスが治療動機となるケースが多いようです。なかには、歯並びが悪いことで自分に自信を持つことができず、仕事や恋愛に積極的になれないという方も少なくありません。

コンプレックスの元である歯並びを矯正したいという希望があっても、ワイヤー装置が目立つといった心配などから、なかなか実行できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これらの装置が不要な「セラミック矯正と部分矯正の併用」では、そのような心配も解消してくれます。

また、セラミック矯正は、自分の希望に合わせて好きな色や形を選ぶことが可能です。このため、妥協をすることなく、理想の歯並びを手に入れることができます。

従来の矯正法では、健康な歯を削る場合や抜歯以外にも、歯の神経を抜いたあとで矯正するケースがあります。しかしながら、「セラミック矯正と部分矯正の併用」では、健康な歯をキープしたまま歯並びを整えることも可能です。

確かに、すべての歯をセラミック矯正で整えるような施術では、健康な歯を削る場合や抜歯を要するケースも否定できません。しかしこの場合でも、「セラミック矯正と部分矯正の併用」では、従来よりも手を加える歯の本数を減らすことができます。

さらに、本法では、美しい口元へのこだわりだけでなく、噛み合わせも重視した矯正がメリットになります。
歯列矯正と聞くと、真っ先に審美性にこだわる方が大半ですが、快適な食生活を実現するためには噛み合わせが重要です。

噛み合わせが良いと美味しく食事がとれるのはもちろんのこと、健康対策にもつながります。「セラミック矯正と部分矯正の併用」のメリットで最も強調したいのは、この噛み合わせを考慮したうえで、「短期間」で理想の美しい口元を手に入れられることです。

ワイヤー装置などを使った歯列矯正は、基本的に2~3年の治療期間がかかりますが、「セラミック矯正と部分矯正の併用」であれば、わずか3~6ヶ月の短期間で治療を完了させることができるのです。

 

「セラミック矯正と部分矯正の併用」はどんな人に向いているのか?

これまで述べてきたように、多くのメリットがある「セラミック矯正と部分矯正の併用」ですが、残念ながらすべての人に適用されるわけではありません。たとえば、歯の乱れが大きい、または顎の骨格に問題があるなどの理由が挙げられます。

しかしながら、本法は上の歯のみをセラミック矯正、下の歯は部分矯正で整えるといった、多様なアレンジが効く手法です。特に部分矯正は、奥歯の噛み合わせに問題がなく、抜歯をしなくてもスペースを確保できる方に向いています。

まずは本法の適応の可否について、歯科医師に相談してみるとよいでしょう。

 

大人になってから歯列矯正をする方にもおすすめ

歯列矯正と聞くと子どもが行うといったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、近年では歯並びのコンプレックス解消のため、大人になってから歯列矯正を行う方が増えています。

歯列矯正は小学生まで、と思っている方も心配ありません。
大人になってからも年齢を気にすることなく、歯列矯正は可能です。手軽に行える「セラミック矯正と部分矯正の併用」では、長年にわたるコンプレックスから解放されるのはもちろんのこと、体全体のバランスが改善し、健康対策にもつながります。また、歯並びがよくなることで以前よりも歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病対策にもつながります。

歯並びが悪いまま放置してしまうと、頭痛や肩こりなどの辛い症状の原因となる可能性もあります。ただコンプレックスを解消するだけでなく、自身の健康のために歯列矯正を検討してみることも大切です。

ぜひ一度、大阪の西本歯科医院まで気軽に相談してください。

 

 

投稿者: 西本歯科医院

2019.07.03更新

 

ホワイトニング治療って何?

笑顔になったときに白い歯が見えると、大変清潔で美しい印象を与えることができます。
歯を削ることなく白くできるホワイトニング治療が人気です。

ホワイトニング治療とは、歯を薬剤によって漂白することで白くする治療です。
歯はどんな方でも年を重ねるにつれて、どうしても黄ばんできてしまいます。

その原因は2つあり、歯の表面にあるエナメル層の上が着色しているケースとエナメル質の内側にある象牙質の色が濃くなっているケースがあるのです。
歯のエナメル質の着色は、クリーニングで白くすることができますが、象牙質の色までは変えることは不可能です。

しかし、このホワイトニング治療による漂白を行うことで、歯の表面から薬剤を浸透させることができ、象牙質の色を白く変化させることが可能になります。

 

ホワイトニングの種類

ホワイトニング治療にはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングがあります。
ホームホワイトニングは歯科医院に通うことなく自宅で気軽にできるホワイトニングです。

一方オフィスホワイトニングは歯科医や歯科衛生士によって施術が行われるホワイトニング治療であるため、高濃度な薬剤を使用して漂白ができることから白くなるスピードも断然オフィスホワイトニングの方が早いです。

より白い美しい歯を求めているなら、オフィスホワイトニングで施術をお願いするのがおすすめです。
低価格で自然な歯の白さに近いホワイトニングを行いたい方はホームホワイトニングがおすすめと言えるでしょう。

 

ホワイトニング治療するとなぜ白くなるのか

ホワイトニング治療で使われている薬剤は、歯質にたまった色素に化学反応を起こさせることによって分解して白くすることが可能です。

ホワイトニングでは光の力を利用し、さらにこの化学反応を強めることによってより効果を出すことができる仕組みになっています。

ホワイトニングで使われる薬剤の成分は、過酸化水素や過酸化尿素が使われており、着色汚れを分解する作用があります。

また、過酸化水素はエナメル質の構造を角状から球状に変化させることによって光の乱反射を起こし、エナメル質を曇りガラスのように白く見せることが可能です。
この2つの働きによってホワイトニング治療では、歯を自然に白く見せることが実現できているのです。

 

ホワイトニング治療は誰でもできるわけではない

ホワイトニング治療は絶対ではありませんが、できれば避けた方が良い方もいらっしゃいます。
まず無カタラーゼ症の方です。

カタラーゼは薬剤の基となる過酸化水素を分解する働きがある成分ですが、無カタラーゼ症の方はカタラーゼを持たないため、分解することができずに身体に残ってしまいます。
過酸化水素は体内に長く滞在、かつ高濃度の状態で残ることで組織を壊死させるリスクがあるため、利用を避けるべきです。

また、歯の神経が死んでいる方も今回ご紹介したホワイトニング治療はおすすめできません。
そもそも神経が死んでいる人には異なるホワイトニング治療方法があるからです。

歯の神経がない方はセラミックを被せて白く見せるのが一般的な方法ですが、歯を削ることに抵抗がある方には歯のマニキュアや歯の裏から穴を開けて歯の中に漂白効果のある成分を入れて漂白するウォーキングブリーチなどもおすすめです。

また、妊娠中や授乳中の方も胎児に影響が及ぶ可能性も安全性が保障されているわけではないので、避けましょう。
歯に詰め物が入っている方も行えません。
詰め物自体をホワイトニングで白くすることは不可能だからです。

さらに虫歯や知覚過敏、歯周病の症状がある方はホワイトニングで染みて痛みが生じるケースがあるため避けましょう。
特に虫歯や歯周病の方は治療が終わってからのホワイトニングがおすすめです。

 

ホワイトニングの効果はどれくらい続くのか

ホワイトニングによる白い歯は、ホームホワイトニングの場合で1年程度、オフィスホワイトニングは3ヶ月から半年程度と言われています。
つまり、ホワイトニングは永久的に白い歯を取り戻せるわけではありません。

しかしお金と時間をかけて行ったホワイトニングを無駄にしてしまうのは意味がありませんから、できる限り白い歯を維持したいものです。
そもそも歯が黄ばんでしまうのは着色汚れ、ステインの原因になる食べ物、飲み物を口にしているためです。

コーヒーやお茶などステインの原因となるものを食べたあとは、歯磨きをすることがベストですが、もしその場で難しいのであれば、お水で口をゆすぐなどして着色を防ぐようにしましょう。
さらに、近年では歯に汚れが付くのを予防するためのトリートメント剤などが販売されています。

分割ポリリン酸が含まれたホワイトニング剤、トリートメント剤を活用して歯の表面の着色を防ぐのもおすすめです。

また、定期的に歯科で健診を受けるのも大切です。歯科医院では表面の着色汚れであれば、クリーニングによって除去することが可能になります。

また健診に行くことで歯の白さを保つだけでなく、虫歯の予防、歯周病の予防にも役立ちます。
せっかくホワイトニングで手に入れた白い歯をぜひ維持できるよう努力しましょう。

大阪の西本歯科医院では、治療時間短縮と通院回数を減らせるホワイトニングを実施ししており、好評いただいております。
ホワイトニングにお悩みの方は、大阪の西本歯科医院まで、お相談下さい。

投稿者: 西本歯科医院

2019.06.27更新

 

ホワイトニングの方法は色々なものがあります

人と話をするときには、その人の口元が気になってつい目が行ってしまうということも少なくありません。

歯並びが悪くてガタガタだったり茶色く変色したりしているようだと、どれだけきれいにしていても良い印象を与えることはできないでしょう。
また女性の中には笑ったときに銀歯がキラリと光ることを気にされている方も多く、ホワイトニングで何とかしたいと考えている人も大勢います。

ホワイトニングには自宅でできる「セルフホワイトニング(ホームホワイトニングとも言う)」と歯科医院でしか行えない「オフィスホワイトニング」の2種類があります。

それぞれのホワイトニングの違いや方法について見ていきましょう。

 

セルフホワイトニングでできること

自宅で簡単に歯を白くすることができれば大変便利なのにと考えている人は多いのではないでしょうか。

実際、自宅に居ながらにして歯を白くすることが可能なのが、「セルフホワイトニング」です。 ただしセルフホワイトニングができるようにするためには、まず歯科医院で専用のマウスピースを作ってもらわなければなりません。

それが出来上がれば、あとは自宅でいつでも好きなときにセルフホワイトニングを行うことができます。 歯科医院ではまず患者さんの歯に付いている着色汚れを落としてから、印象材を使って患者さんの歯型を取り、歯並びにぴったり合うマウスピースを作ります。

この出来上がったマウスピースにホワイトニング用のジェルを乗せ、歯に被せておくだけでホワイトニングができるのがホームホワイトニングの特徴です。 この処置は自費診療となりますので、ホワイトニングを行うのが上下顎か片顎かで料金は異なってきます。 初回の処置では専用のホワイトニングジェルが付属していますが、なくなったあとはジェルだけ歯科医院で購入していくことになります。

ホワイトニングは1週間に1回を目安として行うことが大切で、やりすぎると染みるなどの弊害が出る場合がありますので注意が必要です。

 

神経を取った歯が変色してきた場合

虫歯が歯髄まで達した場合、歯の神経を取らなければならなくなります。 この処置を抜髄と言いますが、神経は血管と同じ場所に通っているため神経を取るときには血管も一緒に取り除くことになります。

このときに血液が歯の表面に染み出して茶色く変色することがあり、こうなると歯の表面の着色を落とすことは不可能です。 このような場合、歯科医院では神経の管に漂白剤を入れて色を抜いていく、ブリーチ(脱色)という施術を受けることができます。 何回かに分けて綿栓にブリーチ剤を付けて根幹に塗布していくと、次第に茶色い色が白く抜けてきます。 抜け具合や回数は患者さんによって変わりますし、これぐらい白くなれば良しとする患者さんもいれば、これ以上色が抜けそうにないと歯科医師が判断して終了する場合もあります。

神経の処置とブリーチ後の充填処置は保険適用となりますが、ブリーチは自費診療になるため1回ごとに料金がかかります。

 

歯の表面に貼り付けて白くするという施術

ブリーチでは色を抜くことができない場合や隣同士の歯の色が違いすぎるなど色合いが不自然な場合は、歯の表面を一層削って接着するラミネートベニヤというものがあります。

これは付け爪のようなもので、歯の表面に接着して白くするホワイトニング方法です。 歯そのものは健全ですので、神経を取らずに色だけ白くすることができるのが特徴です。

また接着したあとに着色汚れが付いても、歯科医院でステイン除去をしてもらえば元の白さを取り戻すことができます。

 

銀歯を白くしたいならこの施術

両側にある糸切り歯から糸切り歯までは保険でも白くすることができますが、その奥にある小臼歯からは奥歯とみなされ、最近まで歯に被せるクラウンは銀色しか保険で認められていませんでした。

しかし現在はCADCAMクラウンが登場したことで、小臼歯も保険で白くできるようになっています。 また条件にもよりますが、部位によっては大臼歯にも適用が可能です。 小臼歯は笑ったら確実に銀歯が見える場所ですので、CADCAMクラウンのおかげで手軽に歯を白くすることができます。

また保険適用はできませんが、インレーなど歯の一部にはめ込む銀歯も、セラミックを使用することで見た目が白い歯に戻ります。 これまでは材料の強度に問題があったため、奥歯にセラミックインレーを使用することは難しい面がありました。 しかし今では材料が進歩したため、インレーだけでなくセラミッククラウンに取り替えることも可能になっています。

どちらも削って歯型を取り、作成したものを合着するという保険の施術方法と変わりません。 ただし削り方に若干の違いがあるため、最初からセラミックを希望する意思があるなら、形成する前にその旨を歯科医師に伝えましょう。 接着の際にも透明度の高いセメントを使用しますので、銀歯を白くしたいと考えている人におすすめの施術です。

大阪の「西本歯科医院」では、ご自宅で手軽にできる「セルフホワイトニング」をオススメしております。 治療時間短縮、さらに通院回数の減少など、患者様にとって大変メリットのある方法です。 ホワイトニングでお悩みであれば、ぜひ「西本歯科医院」にお問い合わせください。

投稿者: 西本歯科医院