2019.06.21更新

 

痛みを感じるケースもあります

「セラミック矯正」とは、ご自身の歯にセラミックを被せて矯正する方法です。歯並びをきれいにしたいという方の希望を叶えることができるとあって、人気の矯正方法です。

しかし歯を削ったあと、状態によっては、神経を抜いたり、抜歯したりすることもあります。

例えば出っ歯ですが、歯の傾きを直す必要があるため、コアと呼ばれる土台を使用し歯の向きを変えます。歯の向きを変える際は、神経を除去し矯正が行われるのです。そのため、状況によって痛みを感じる場合もあります。

 

虫歯治療による痛みもあります

セラミック矯正において、虫歯がある場合は先に通常の虫歯治療を行います。虫歯治療をしっかりと行わずにセラミック矯正を行うと、削った歯が虫歯になり、歯自体を失うことにつながってしまうかもしれません。

虫歯治療の際に歯を削ったり、大きい虫歯であれば神経を抜いたりして治療をすることがあります。麻酔をかけて虫歯治療を行いますので、麻酔が切れてきたときに痛みを感じる方も多いようです。

 

歯を削ることで感じる痛みもあります

虫歯治療が終わり、セラミック矯正ができる状況になったら、今度は歯を削っていきます。

健康な歯も削りますが、歯を削ることで痛みを感じる場合があります。象牙質が出てしまい、染みるような痛みが出てしまう方も多いです。
施術を行う間に麻酔をしますが、麻酔が切れてくると染みるような痛みが出る場合があるので注意しましょう。

しかし痛みを感じてから1分程度で落ち着く場合が多く、日常生活に支障をきたしにくいです。

その他、冷たい飲み物を飲んだときに感じるキーンとした痛みや歯ブラシで歯を磨いたときに感じるような痛みが出る方もいますが、こちらは2週間ほどで収まるため、長くは続きません。

食べ物を食べたら痛くなる、何をしていなくても痛みを感じるなど、日常生活を送る中で我慢できない場合は痛み止めを飲みましょう。
我慢をせず、歯科医に相談してください。
また施術を始めてから何週間経っても、痛みが取れない場合も相談するのがおすすめです。

痛みを感じやすい、麻酔が切れやすいなど、人によって差があります。
日常生活に支障をきたさなければ良いですが、痛みが気になって食事がしづらいなど支障がある場合は迷わず相談してください。
施術の経過に問題ないかを含め、歯科医に診てもらうことができます。

 

麻酔針や麻酔液によって痛みを感じることもあります

セラミック矯正を行う際は歯を削るため、麻酔を行います。

麻酔をかけた際に、多少痛みがありますが人によって痛みを強く感じるケースもあるようです。
以前と比べると、麻酔注射の針はどんどん細くなっているので、針を刺されたことにより感じる痛みは少なくなってきました。

しかし、針が細くても痛みがゼロになるわけではありません。
我慢できないほど、強い痛みを感じた場合は医師に伝えましょう。

前に麻酔注射の針を刺したときに、強い痛みを感じたことがあるなど不安な場合は、歯茎に表面麻酔をするなど工夫することができます。針を刺す部分を冷やす方法など、さまざま方法があるので相談してください。

麻酔液に関しては、ゆっくり注入します。注入する際に痛みを感じることはあっても、注入したあとは痛みがなくなる方がほとんどですが、中には、強い違和感を抱く方もいます。
麻酔液の注入時に不安がある場合は、特にゆっくり注入してもらうなど配慮してもらいましょう。

事前に歯科医に伝えることで、特に慎重に取り計らってもらえます。
麻酔針を刺した場所がいつまでも痛む、違和感を抱くという場合は相談しましょう。

 

施術後に神経が痛みを感じることもあります

セラミック矯正を行ったあと、神経が痛みを感じることもあります。
ズキンズキンとした痛みや急に痛くなるなど何もしていなくても痛みを感じる方も多いです。
やがて痛みを感じなくなりますが、痛みが続く場合は痛み止めを飲む方法があります。

何もしていなくてもずっと痛みを感じる、寝ている間も痛みを感じ目が覚めてしまうなど、日常生活に支障が出る場合があるため、まずは痛み止めを処方してもらい、痛みと上手に付き合いましょう。

痛みを感じたときは、できるだけ刺激しないことが大切です。
冷たい飲み物を飲んだり、酸性の食品を控えたりとできることは行いましょう。

痛み止めを飲んでもなかなか痛みが治まらない場合、神経を抜くことがあります。
神経をできるだけ抜きたくない、痛み止めだけで改善させたいなど、希望がある場合は歯科医とよく相談してください。

セラミックを被せることによる痛みがあります

セラミックを被せることで、痛みを感じる方がいます。
例えば虫歯治療をして、被せ物をしたときに違和感を抱いていることから痛みに発展することがあります。

今までなかったものが口の中にあるということで、違和感を抱くのです。
セラミック矯正の場合も同様で、被せ物をしたことによって痛みを感じるケースがあります。

段々と慣れてきて痛みが和らぐことが多いですが、いつまでも痛みを感じる場合は歯科医に相談してください。

かみ合わせによる痛みがあります

セラミック装置のかみ合わせが悪く、食事をしたときに違和感を抱いたり、痛みを感じたりするケースがあります。

施術を行ってもらった際、かみ合わせについては確認をしてくれますが、うまく調整できておらず後々痛みにつながることもあります。

食事をしたときに違和感を抱くなど、分かる範囲で良いので詳しく歯科医に伝えて指示を仰いでください。

大阪の「西本歯科医院」では、ご自身の歯を削らないオリジナルな無痛治療を行います。痛みに対して不安をお持ちの方はぜひ、大阪の「西本歯科医院」までご相談ください。

投稿者: 西本歯科医院

2019.06.05更新

 

銀歯はどうしても気になってしまう

奥歯の治療を行う場合、ついつい低価格で保険が適用される銀歯を利用されている方も多いことでしょう。

しかし前歯と違い、確かにわかりにくい箇所ではありますが、やはり奥歯といえども会話をしているときや笑ったときに、第三者目線から見てもどうしても見えてしまうものです。

また、見た目だけではなく、銀歯は金属で作られているのはご存知だと思いますが、どんな医師が治療を施してもどうしても歯と金属の間にわずかなすき間ができてしまうというデメリットがあります。

さらには歯と金属は接着剤で付きにくい特徴があるため、すき間が残ったままとなり、そのすき間に細菌が入り込んで、再度虫歯になってしまう可能性が高いのです。
実際に現在奥歯を銀歯にしている方はもし今銀歯を取るとその下は既に黒くなっていることがあるかもしれません。

もし万が一見た目も少し気になっている方、銀歯のままでは将来が心配な方は、大丈夫です。
今は保険適用のレジンや自費治療のセラミックがでていますので、検討するとよいでしょう。

 

レジンとセラミックの違い

レジンはそもそもプラスチックの素材です。

保険適用のものが多く、非常にリーズナブルなため検討される方も多いでしょう。
しかし、保険適用の場合のレジンは、医師が顕微鏡などを使わずに埋めていくため銀歯のときのようにどうしてもすき間ができてしまうことがあります。

また一番気になるのが年月が経つごとにどうしても変色してしまうので見た目を気にされる方はおすすめしません。
また、セラミックに比べて非常に欠けやすいので非常に硬いものを噛んだり何かの拍子に削れたり、欠けているということもあります。
強度が低いので奥歯にはあまり適さないと言えるでしょう。

一方、セラミックは非常に丈夫で、色も白いので審美的に最も優れています。
さらにレジンと異なり変色の心配もありませんし、汚れも付きにくい特徴があります。

自費治療といえどもやはり奥歯の治療であれば強度があり、審美性も優れているセラミックが良いでしょう。

 

セラミックの種類

セラミックには大きく分けて2つ種類があります。「ハイブリッドセラミック」と「オールセラミック」と呼ばれるものです。

ハイブリッドセラミックは、レジンとセラミックを混ぜて作られた素材です。
こちらのほうが比較的安価でありながらある程度の耐久性があり、審美性も高いと言えます。

ただし耐久性はオールセラミックより劣りますので耐久性を重視するならオールセラミックがおすすめです。
オールセラミックは名前の通り100%純正のセラミック素材です。
耐久性も高く、非常に自然な仕上がりと透明感があり、審美性は非常に高いです。

周囲の歯との色を合わせやすいのも特徴で、よく使われています。
さらにこのほかにジルコニアというセラミックがあり、こちらは人工ダイヤモンドにも使われる最高ランクの強度を持つジルコニアを素材にしたものです。

非常に高い硬度があるため、前歯にはもちろんのことですが、奥歯に非常に適したセラミックです。
色が合わせにくいのがデメリットとして挙げられますが、連結やブリッジなども余裕で可能なクラウンです。

また、ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分としたe-maxという素材もあります。
ジルコニアと合わせて近年注目されており、ガラスでできているので透明感があり、天然に近い歯に仕上げることができるメリットがあります。

審美性と耐久性を兼ね備えた素材で選ばれる方も多いです。特に美しさを気にされる前歯に使用されるケースが多いですが、奥歯にも使用可能です。

 

銀歯からセラミックへ変えるメリット

もし銀歯で悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひセラミックの歯に交換してみましょう。

実は今銀歯からセラミックへ交換している人は増えています。
今回さらに詳しくセラミックへ変えるメリットを改めてご紹介しましょう。
セラミックはまず天然の歯に近い透明感を得ることができるため、目立ちにくいのは大きなメリットです。

また、セラミックは経年劣化が起こりにくいため、変色の心配がありません。
銀歯には傷が付きやすいこともあり、どうしても表面に汚れが付着しやすい環境にありますが、セラミックは硬度が高いために傷が付きにくく汚れが付きにくいというメリットもあります。

そして何より補綴の際にクラウンを作る場合、患者の歯の模型をスキャナーしたデータを基にしてCADCAMで製作するため精度が高く、歯にぴったりと合わせることができるためにすき間ができにくく、銀歯のように虫歯になりにくいという特徴があります。

 

セラミックのデメリット

ただし、セラミックは大きなメリットが多いもののデメリットもあります。
やはり一番のデメリットはその費用です。
保険が適用されないために高額な費用がかかり、治療に踏み切れない方も多いでしょう。

また、選ぶセラミックによっては奥歯に強い力がかかると割れてしまうケースもあります。
これを避けたいのであればジルコニアなど強度の高いセラミックを選択するのがベストと言えます。

セラミックにはデメリットもあるものの、それに勝るメリットも多くあります。
予算も大切ではありますが、歯は一生お付き合いしていくものですから、予算よりもご自身が快適に過ごせる素材を選ぶのがベストです。
セラミックも種類が豊富ですから、それぞれのセラミックの特徴と予算を考慮したうえで検討するとよいでしょう。

「セラミックはお金がかかる!」と思われるかもしれません。しかし、大阪の「西本歯科医院」では、リーズナブルな価格で、さらに質の高い治療をご提供いたします。

さらに、価格だけではなく、できるだけ無痛治療で、スピーディーな施術を行っているため、患者様の負担を最小限に抑えるように心がけています。
ゼラミック治療をお考えの方はぜひ一度「西本歯科医院」にご相談ください。

投稿者: 西本歯科医院


SEARCH


ARCHIVE


CATEGORY