2017.06.20更新

虫歯治療では、削り取った部分を保護するための治療を行います。その例としてはクラウンがあげられますが、これは被せ物をして歯の全体を守っていくものです。

 

クラウンに使われる素材は様々でその一つにセラミックがあります。

 

治療に全く金属を使わないものをオールセラミックと言い、クラウン治療の中でも格別に見た目が美しいものです。セラミックは見た目が非常に綺麗になるというほかに、ほぼ変色しないため美しい状態を長持ちさせられます。またセラミックには汚れがつきづらいという特徴があります。そのため手入れが楽という点でもセラミックは非常に有利なものです。

 

金属の被せ物には、低価格で治療が受けられるメリットがありますが、長年使用していくと、周囲の歯が変色する可能性があるほか、金属アレルギーを発症するリスクもあります。その点セラミックであれば金属アレルギーを発症させないことはもちろん、周囲の歯を変色させるといったデメリットもありません。

 

セラミックは自由診療のため、通常より料金が高くなりやすいですが、長く使用できるため一つの選択肢ではないでしょうか。

 

大阪市北区にある当院ではセラミックを扱った治療を行っています。見た目を重視したり、アレルギーの予防を視野に入れているる方は、当院でセラミック治療をご検討されてみてはいかがでしょう。

投稿者: 西本歯科医院