2019.01.30更新

 

前歯にコンプレックスがある方は、ぜひセラミック治療を!

歯並びが悪いと、その人の印象にも影響を与えると言われています。

歯列矯正をお考えの方の中で、「前歯」に対するコンプレックスをお持ちの方も多いのではないかと思います。また、以前、セラミック治療を受けてから、歯肉の変色が目立ってきたという方もいらっしゃるはず。

そういう思いを持たれていると、なかなか笑顔にはなれません。

矯正といえば、「ワイヤー矯正」を思い浮かべられる方も多いかと思います。長期間に渡り、矯正器具を装着しなければなりませんし、矯正器具自体が目立ってしまい、それも別の意味でコンプレックスになってしまいます。

そこで考えたいのが、セラミック治療。治療期間も短く、さらに美しく仕上がるということで、前歯の治療に関しては最適な方法です。

今回は前歯のお悩みをセラミック治療で解決する方法について、ご紹介します。

矯正器具がないから、目立たない

セラミック治療は、実は前歯の矯正に適した治療方法です。先ほども述べたワイヤー矯正、あるいはマウスピース矯正などがありますが、器具(ワイヤーやマウスピーズ)を装着しなければならないので、人前に出た時、あるいは笑った際に気になるという方も多いようです。

一方、セラミックの場合、歯自体をセラミック製の被せ物に変えるので、装着している矯正器具が気になるということは一切ありません。むしろ、美しくて白い歯になったことに対しての喜びから、ますます笑顔が増えるかもしれません。

セラミック治療は短期間で済む

美しい歯が手に入るセラミック治療ですが、一体、どれくらいの治療期間が必要なのでしょうか? セラミック治療は一般的に1~3カ月、通院も3~4回程度と言われています。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正では、年単位の矯正期間が必要ですので、治療期間はセラミック治療の方が短期間で済みます。
治療の流れは大まかに分けて、以下のとおりです。

・カウンセリング
・検査
・形成
・仮歯装着
・型取り・作成
・設置

これら工程が1~3カ月、通院も3~4回で済むとなれば、患者様にとって非常に有益な治療と言えます。実際にセラミック治療はクイック治療とも呼ばれ、時間がかかるというイメージの強い他の矯正とは一線を画します。

セラミック治療の治療方法は?

では、セラミック治療でも、どのような方法があるのでしょうか?

セラミック治療でも一般的なのがクラウンという被せ物をする方法(セラミッククラウン法)です。

主に、「セレッククラウン」、「セラミッククラウン」、「オールセラミック」などがあります。

 

セレッククラウン

口腔内のデータを3Dコンピュータで読み取り、そこから「セレック」というCADシステムを使い、セラミックのブロックから削り出して、クラウンを作成します。これにより安価で、さらに短期間に歯を作ることが可能となりました。

セラミッククラウン

金属にセラミックを焼き付けているのが、セラミッククラウンです。見た目は美しい歯に変わりはないのですが、金属を使用しているため、金属アレルギーの方にはお使いいただけません。

オールセラミック

オールセラミックはセラミック特有の透明感があります。

金属を使わないため、体に優しいのが特徴。金属アレルギーの方でも安心して装着できます。また、歯肉の変色がないというのも、「美しさ」を求める方にはぴったりです。

また、前歯に限定すると、「ラミネートベニア」という治療法もあります。

ラミネートベニア

歯の表面にセラミックを貼り付ける方法。まずは表面を薄く削り、セラミックで作ったシェルと呼ばれる薄片を貼り付けます。元々はハリウッド映画の世界で、撮影用の見栄えに用いたのが始まりとされています。

ただ、大きな虫歯や歯ぎしりの癖がある方は、セラミックのシェルが割れてしまう可能性があります。

セラミック治療の一番の効果は……笑顔!

メリットばかりのセラミック治療ですが、予め理解しておきたいのは、健康な歯でも削るという治療行為が発生することです。

「聞いていなかった」となる前に、やはり歯科医師とのカウンセリグが重要です。

大阪の西本歯科医院では、セラミック治療よりリーズナブルに、より美しく、より精密に、より安心して受けていただくよう心がけております。

また、数年前に他の歯科医院でセラミック治療を受診したけれど、古くなってきたという方、あるいは歯肉の黒ずみが気になってきたという方でも大丈夫です。
当院が考えるセラミック治最大の効果は、「患者様の笑顔」だと考えております。

ぜひ一度、セラミック治療をお考えの方がいらっしゃいましたら、西本歯科医院にご相談ください。

 

 

 



投稿者: 西本歯科医院


SEARCH



CATEGORY