2019.01.19更新

 

「完璧」と思われているセラミックの注意点

「セラミック矯正」のメリットに、「長期期間使用できる」というものがあります。

歯の被せ物というと、金属、なかでも銀(パラジウム合金)が一般的に使用されています。しかし、寿命という点からすると実は十年も持たないと言われています。

また、金属アレルギーの方には使用できませんし、あるいは色味の問題もあるので、金属は100%優れた素材とは言えません。

では、セラミックが完璧な素材かと言えば、実はそうではなく、いくつかの注意点があることを今回は紹介いたします。

セラミックは虫歯にならない?

金属の被せ物(以下クラウン)をした箇所から虫歯になったという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか? クラウンを施す場合、歯を削りますが、時が経つにつれて、クラウンと削った歯との間に隙間ができ、そこにプラーク(歯垢)が溜まってしまい、再び虫歯になってしまうということがあります。

私たちの歯は咀嚼や歯磨きなどで自然と摩耗したり、傷付いたりしています。その細かな隙間に口腔内の雑菌が繁殖すると、プラークが溜まり、歯磨きなどで取りきれないものが、歯石になったり虫歯や歯周病を引き起こしたりするという構図になっています。 一方、セラミックはプラークがつきにくいと言われています。これは、硬いために傷がつきにくく、その傷にプラークが溜まらないためです。

しかし、セラミック矯正でも、「ラミネートベニア」という手法があります。表面をセラミックで覆い、裏面はご自身の歯を使用します。裏側にあるご自身の歯をしっかりとケアしていかなければ、虫歯になるので注意が必要です。

 

セラミックは一生使える?

丈夫と言われるセラミックですが、では一生使えるのでしょうか。

セラミックは硬質なため耐久性があるので、素材によっても異なりますが、十年以上使用できると言われています。

しかし、場合によっては欠けたり、あるいは割れたりすることがあります。次に紹介するのがその原因となる代表的な例です。

■歯ぎしり
■硬いものを噛む
■硬いものが当たる

この中でも「歯ぎしり」は、就寝中に起こるもので、なかなか意識できないものです。 歯ぎしりによって、特定の歯に過度な力が加わり、セラミックにヒビが入ったり、割れたりしてしまうことが考えられます。

歯ぎしりの原因は、例えば、ストレス、アルコールやタバコ、最近では逆流性食道炎との因果関係も取り沙汰されています。

歯ぎしりは顎関節症や頭痛、肩こりを引き起こしたり、歯並びが変わったりするなどの悪影響がありますので、歯ぎしりの解消を心がけてください。

セラミックは痛くない?

「歯の矯正」と聞くと、一般的には「ワイヤー矯正」を思い浮かべるかと思います。ワイヤー矯正を始めたての時期はなかなか慣れていないこともあり、違和感や痛みを伴うと言われています。これは歯を正しい位置に調整するための痛みですので、仕方のないことかもしれません。

では、セラミック矯正の場合では、どうでしょうか。

まず、セラミック矯正では歯を削りますので、健康な歯でもダメージを受け、痛みが発生することがあります。原因は神経が過敏になっているためですが、この痛みは長く続くものではなく、一時的なものとして理解しておきましょう。

また、セラミックの歯そのものが合っていないことも考えられます。患者様の口腔内のデータを元に作られた歯ですが、微妙な部分で合わないことも考えられます。その際は施術した歯科医師に相談し、調整をしてもらいましょう。

セラミック矯正自体、激しい痛みがあったり、続いたりする方法ではありません。 このような場合は、他の原因(例:虫歯が隠れていた。歯周病にかかっていたなど)があると考えられますので、痛みを我慢せず、歯科医師に相談することをおすすめします。

 

アフターケアの定期検診はぜひ受診しましょう

セラミック自体は、長きに渡り使用できる素材です。しかし、使い方を誤ると、その寿命が短くなってしまいます。

大切なのは、治療を受けた後のケアです。セラミック矯正で美しく白い歯を手に入れた! と喜ばれるかもしれませんが、「その後のお手入れ」も大切です。

歯科医院での定期検診は必ずしも義務ではありませんが、美しい歯を手に入れたなら、その状態を長く維持するためにも、定期検診を受診したいところです。

大阪の西本歯科医院では、最新脳科学と東洋医学を併用し、ご自身の歯を可能な限り削らない、無痛治療をベースにしています。  

また、西本歯科医院では、「歯」を通じて、患者様が日常生活の中で笑顔を常に出し、輝く人生を送っていただけるお手伝いができればと考えております。

ぜひ一度、セラミック矯正について、ご相談ください。 


投稿者: 西本歯科医院

2019.01.11更新

 

セラミック治療は短期間で治療が終えられる

他の矯正治療と比較してセラミック矯正治療(以下、セラミック治療)には、審美性や耐久性など、いくつかのメリットがあります。その中でも特筆すべきは「治療期間」ではないでしょうか。

他の矯正治療は、治療を受ける年齢や治療方法によっても異なりますが、少なくとも1年、あるいは1~3年ほどはかかってしまいます。

一方、セラミック治療は別名「クイック治療」とも呼ばれるほど、短期間で済みます。具体的な期間としては、おおよそ1~3カ月程度、通院回数も3~4回と非常に短いのが特徴で、その分、身体的な負担も軽減できます。

丈夫で、美しい白い歯が短期間で手に入るので、非常に魅力的な治療方法として人気があります。

セラミック治療の各ステップの紹介

では、その短い期間の中で、どのような治療が行われるかを紹介したいと思います。
治療は大きく分けて、次のようなステップがあります。

・カウンセリング
・検査
・形成
・仮歯装着
・型取りと作成
・設置

続いて、それぞれのステップについて説明したいと思います。

 

カウンセリング

カウンセリングでは、治療内容・方法についてはもちろん、期間や治療費、さらには実際の治療した症例、矯正を行う上でのリスクやなどについても聞いてみましょう。

セラミック治療は保険が適用されず、全額自己負担になるのが基本。高額な治療になるからこそ、ご自身が納得し、不安が解消するまで質問することが大切です。

この際、患者様のご意思を反映させず、歯科医師主導でどんどんと話を進めてしまうという場合もあります。治療方針や患者様の思いを聞き出す重要なカウンセリングですので、もしご自身が合わないと思われたら、他の歯科医院で治療を受けるということも選択肢として考えておきましょう。

検査

検査では、主に口腔内検査とレントゲン検査を行います。虫歯や歯周病、セラミック治療する歯の状態などをしっかりと検査します。基礎となる歯や歯肉のトラブルを歯科医師が把握し、患者様に最適な治療の方向性を決めていきます。

形成

セラミックを被せる場合、歯を削る必要があります。「歯を削る」というと虫歯治療を想像しますが、セラミック治療の場合、健康な歯であってもそのような治療行為が発生することをまずは理解しておきましょう。健康な歯を削るということに対する理解が乏しく、トラブルになるケースもあります。

また、虫歯や欠損などにより、十分に歯が残っていない場合や歯の神経が失われている場合、コアと呼ばれる人工的な土台を設置します。

 

仮歯装着

歯を削ったあと、仮歯を装着します。文字どおり一時的な歯ですので、後に装着するセラミックよりも、材質的には劣っています。しかし、日常生活の不自由を感じさせないことや、削った歯の保護、視覚的部分などにも有効に働きます。

ここで注意したいのが、仮歯の装着によって、不自由を感じなくなり、通院が面倒だと治療を止めてしまう方もいらっしゃいます。仮歯はあくまでも暫定措置です。なるべく早く次の治療を受けるようにしていきましょう。

 

型取り・作成

セラミックの歯を作成するために、型取りを行います。型取りの方法は、一般的にはシリコンやゴム状の印象材によって採取します。

この型取りで採取した形を元に歯を作成するので、非常に重要なステップになります。 作成に関しては、印象材で採取された歯型や検査段階で口腔内のデータを元にコンピュータが作成し、細かな微調整の部分は歯科技工士が仕上げるのが現在の主流となっています

 

装着

仮歯を取り、完成したセラミックの歯を装着します。

この際、ご自身の口腔内で型取りをした歯とは言え、セラミックの歯が馴染まない、あるいは痛みを伴うこともあります。

歯への刺激を控えたり、様子を見たりすることで違和感がなくなることも考えられますが、あまり自己判断はせず、治療を行った歯科医師へ早めの相談をしてください。

 

セラミックだからと安心せず、治療後も定期検診を。

セラミック治療における全体の流れはご紹介したとおりです。

セラミックは丈夫で、体への影響も少なく、審美性に優れていますが、矯正した歯を最良の状態に保つためには、定期的な歯科検診を受診することをおすすめします。

年間200症例以上の実績を誇る大阪の西本歯科医院では、最新の治療設備を整えることはもちろん、治療のスタート地点であるカウンセリングもしっかりと行い、患者様のご要望をうかがいながら、治療計画を立案。ハード面とソフト面から患者様に安心・安全な治療を心がけております。
 
また、治療後のアフターフォローも万全に整えております。高い技術と丁寧なカウンセリングをご希望される方は安心して、西本歯科医院にぜひ一度、ご相談ください。

西本歯科医院のセラミック治療の症例はこちらから 

 

投稿者: 西本歯科医院