2019.09.06更新

 

大人が取り組むケースが増えてきた歯列矯正

歯列矯正は、永久歯が揃いきる前にしておかなければならないというイメージがありましたが、昨今は大人になってからも治すことが可能とわかってきたこともあり、大人が取り組むケースが増えてきています。

歯並びが気になっている大人におすすめの歯列矯正が、マウスピース矯正と呼ばれる方法です。マウスピース矯正は、一般的な歯列矯正のイメージの定番である、笑うとワイヤーをかけたブラケットと呼ばれる装置が見える歯列矯正とは異なり、目立たないのが特徴です。

その理由は、その人の歯の歯型を取り、それを基にマウスピースを作って矯正の道具とするからです。

取り外しが簡単なことから、食事や歯磨きのときは取り外し、それ以外のときにはめておくことができ、目立たないうえに必要な時には取り外しながら歯科矯正できる優れものとして人気を集めています。

マウスピース矯正の詳細はこちら

 

マウスピース矯正ができない歯もあることを知っておこう

目立たないうえに、ブラケット矯正の場合に起こりがちな、ワイヤーで固定し続けることによって起こる痛みも少ないためマウスピース矯正を希望する人が増えていますが、残念ながらすべての人がこの矯正方法を選択できるとは限りません。

マウスピース矯正ができないのは、矯正を行う前に抜歯などの処置を要する場合です。

また、若い人に多い傾向があるのですが、顎がどんどん小さくなってきたことによって歯が並びきらず、前後に重なって永久歯が生え揃ってしまった人や、きちんと歯が並んでいない人、下顎が前に出てしまう反対咬合と呼ばれる噛み合わせの人もマウスピース矯正ができません。

このような原因でマウスピース矯正ができないとされた場合は、抜歯をすれば矯正可能かどうかを歯科医師に尋ね、対処方法を検討し、説明してもらってから決断するのがよいでしょう。

 

歯並びと骨格はさらに難しい

目立たないマウスピース矯正は歯並びを気にする人にとって最も期待を寄せるところであります。

しかし、若い世代に多く見られる、顎が小さいために前後に重なるように永久歯が生えてきてしまった人や、なんとかして永久歯が並ぼうとした結果として互いに譲り合って斜めに並んでしまった人にとっては、残念ながらマウスピース矯正できない歯に該当してしまいます。

この場合も抜歯の必要がある歯と同様に、重なっている歯のうちのどれかを抜くことで矯正可能になるかもしれません。

斜めになってしまった歯も、どこかを抜いてスペースを空けることで、真っすぐな歯並びにすることが可能だからです。

ただし、これらのケースにおいてはマウスピース矯正では力不足のため、歯の一本一本にブラケットと呼ばれる装置を付け、ワイヤーで徐々に歯並びを整えていくという、従来の歯列矯正を行う必要があります。

ある程度整ってきて形がきれいになり、これならマウスピース矯正で大丈夫と判断された場合には、その後はマウスピース矯正で目立たずにきれいな歯並びになるまで矯正できますが、ブラケット装置による歯列矯正を行わずに最初からマウスピース矯正という選択はできません。

 

顎の形を変えるのも同じ

反対咬合とは、しっかりと歯を噛み合わせたときに上の歯が下の歯の内側に入ってしまう噛み合わせのことで、これには顎の形、いわゆる骨格が影響しています。

歯並びが真っすぐになっていない場合もマウスピース矯正ができませんが、反対咬合の場合は奥歯の噛み合わせを調整する必要があることから、歯列矯正を行う際にはマウスピース矯正ではなくブラケット装置のほうが適しています。

歯並びを全体的に変えるという大掛かりな歯列矯正となるために、しっかりとブラケットにワイヤーを固定し、時間をかけてゆっくりと力を加えていかなければ、きれいな歯並びにはなりません。

ブラケット矯正であれば大掛かりにはなりますが、きれいな歯並びにすることが可能です。
しかし、マウスピース矯正にはそこまで歯を動かす力がないためなかなか矯正が進まず、時間と治療費ばかりがかさんでしまう可能性のほうが大きいでしょう。

 

両方を選択することでマウスピース矯正ができる歯に

マウスピース矯正を希望したのにできないと言われた場合、大掛かりな矯正が必要なのだという理解ができれば、どうすればマウスピース矯正を可能にできるかを歯科医師に尋ねることができます。

歯列矯正は一般歯科とは異なる専門的な技術と知識を必要とします。

また、歯列矯正を専門に行う歯科医院であれば、歯列矯正ができないとして患者さんを帰してしまうわけにはいきませんので、個人に合わせた対策を考えてくれるでしょう。

提案された治療方法に関する説明に納得でき、信頼して任せられると感じたなら、まずはブラケット矯正で歯をワイヤーによって動かし、ある程度整ってきたところでマウスピース矯正にシフトさせていくという方法が、最も確実かつ、ベストな選択肢ではないかと考えられます。

投稿者: 西本歯科医院


SEARCH



CATEGORY