2017.03.15更新

虫歯の治療を受けた時、同時にインレーやクラウンを使う場合があります。

一般にクラウンは被せ物、インレーは詰め物の事を言いますが、
これには素材の違いがあるのです。

大きく分けると白い素材と金属系のものに分かれますが、
このいずれかだけでも、見た目に大きな違いが現れます。

今は、インレーやクラウンにしても、見た目を重視される方が多く、
審美的な見た目を保ちつつ治療を進められます。

見た目の良さであれば、「セラミック」による治療が良いでしょう。

セラミックは見た目が綺麗で変色しづらい、
さらに磨耗もしづらく、口臭も出づらいなど、メリットがたくさんです。

しかし、長い数年使用すると少し汚れてきてしまったり、
治療を受けた歯の状態に満足できなかったりする事があります。

過去に受けたセラミック治療に満足できていない場合も、
大阪市北区にある当院では、改めて満足のいくような治療を行います。

保険適応の銀歯と比べて、やはりセラミックは見た目がとても良いですが、
歯だけではなく、歯茎との境目もしっかり綺麗に仕上げるのが大切です。

歯の見た目は、笑顔になった時の印象に大きく影響しますので、
綺麗であるに越した事はないものです。

大阪市北区にある当院では、セラミック治療に関するご相談を承ります。

新しく治療を受けたい方も、過去にセラミックの使用経験がある方も、
当院にご相談頂ければと思います。

投稿者: 西本歯科医院


SEARCH


ARCHIVE


CATEGORY